</figure
成瀬 昂
NARUSE Takashi 保健学博士 看護師 保健師
東京大学大学院医学系研究科附属 グローバルナーシングリサーチセンター 特任准教授
東京大学のプロフィールや連絡先はこちらをご覧ください。 ※講演・執筆などのご依頼は、ページ下部記載のメールアドレスよりお問い合わせください。

メッセージ

人は、望むと望まざるとにかかわらず、いくつかのコミュニティの中で生活しています。家族、職場、住んでいる地域等、いくつものコミュニティが層をなす中で、人は包み込まれるように暮らしています。そして、コミュニティの持つ慣習、仕組み、期待等の力によって、善悪に様々な影響を受けます。
このように、人やその行動は、コミュニティによって多分に影響されている一方、人はコミュニティの内情を変えていく力も持っています。
私は、こんな風に人とコミュニティが、絶えずお互いにゆらゆらと影響しあいながらともに存在している姿を想像しながら、社会で起きている様々な問題・課題の原因や解決策を見つける研究をしています。
「人とコミュニティ」という、みえにくく・異なる主体間で起きる現象を理解する必要があります。 そのために、数値等で表現できる定量データと、人の想いや動作のような、言葉や画で表現する定性的データを同時に扱っています。
近年私は、「人とコミュニティ」が触れ合う場面として、通所介護サービスの現場に着目して研究活動を行っています。 ここでは、プロの実践者の方々や、サービス利用者の方々など、当事者たる人々と一緒に、研究の着想から解釈までを行っています。Citizen scienceと言われる手法で、実社会で起きている様々な現象をより生々しく解きほぐしつつ、迅速な課題解決の提案と解決案の社会実装を実現するためのものです。

原著論文(筆頭著者)

※タイトルをクリックすると概要が表示されます

Effectiveness of social activity interventions on sleep among older people: a systematic review protocol

Experiences of Disabled Older Adults in Tokyo’s Adult Day Care Centers during COVID-19—A Case Study

Service Use Objectives among Older Adult Day Care Clients with Disability in Japan

Measurement Development for Japanese Clients’ Experiences During Adult Day Care Service Use (The J-AdaCa Tool)

A logic model for evaluation and planning in an Adult Day Care for disabled Japanese old people.

Home visiting nurse service duration and factors related to institution admission.

Measurement of Special Access to Home Visit Nursing Services among Japanese Disabled Elderly People: Using GIS and Claim data

The association between nurses’ coordination with physicians and clients’ place of death.

Effects of Relational Coordination among Colleagues and Span of Control on Work Engagement Among Home Visiting Nurses

Association between Geographic Accessibility of Home Care Clinics and Hospitalization in Japan using Geographic Information Systems and Insurance Claim Data.

Identifying characteristics of adults absent from a metabolic syndrome checkup in Japan using CHAID dendrograms and insurance claim data

Diseases that precede disability among latter-stage elderly individuals in Japan.

The effect of skill mix with non-nursing assistant on work engagement among home visiting nurses in Japan(博士論文より).

Relational coordination 尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討

居宅介護支援専門員によって同一日に訪問サービスを頻回に必要と判断される要介護者の発現率と対象像の明確化.

Individual and organizational factors related to work engagement among home-visiting nurses in Japan(博士論文より).

Effects of non-nursing assistance on home visit nurses’ time spent in Japan: one group repeated pretest-posttest trial(博士論文より).

Prevalence of home visiting nurse service clients who received insufficient number of nurse visits in the Japanese long-term care insurance.

Relationship between perceived time pressure during visits and burnout among home visiting nurses in Japan(博士論文より).

Characteristics of family caregivers with sleep dissatisfaction in Japan: identification using CHAID dendrograms.

Prevalence of persons receiving elimination assistance among Japanese community-dwelling elderly(修士論文より).

Classification tree model identifies home-based service needs of Japanese long-term care insurance consumers(修士論文より).

父親の育児支援行動に関連する要因の分析(卒業論文より).

書籍等

特集:2020-2021年度政策提言検討委員会企画QA1:在宅ケアの質の向上のためになぜデータベースが必要なのでしょうか,それに関連するデータベース用語にはどのようなものがあるのでしょうか(成瀬昂 2022年). 学会誌, 日本在宅ケア学会, 26(1), p6-9.

News from JACHN Topics of Japanese Community Health Nursing 1. Current Status and Issues of ICT Application on Community Health Nursing in Japan (Takashi Naruse 2022). 日本地域看護学会.

第6章 公衆衛生看護活動に活用できる理論・モデル(成瀬昂, 今村晴彦 2022年). 村嶋幸代, 岸恵美子(編). 保健学講座 1 公衆衛生看護学概論 第1版, メヂカルフレンド社.

第3章 公衆衛生看護のツールとしてのICT(成瀬昂 2022年). 佐伯和子(責任編集/麻原きよみ・荒木田美香子・岡本玲子編). 公衆衛生看護学テキスト 第2巻 公衆衛生看護の方法と技術 第2版, 医歯薬出版.

第4章-Ⅲ ケアマネジメント(成瀬昂 2021年). 河野 あゆみ(編). 新体系 看護学全書 地域・在宅看護論, 地域・在宅看護論 第6版, メヂカルフレンド社.

第12章 働き方の多様化と健康支援2. 対人援助職の健康(成瀬昂 2017年). 島津明人(監修). 保健と健康の心理学 標準テキスト 産業保健心理学 Ⅱ 産業保健心理学のトピック, ナカニシヤ出版, p213-220.